筋トレで関節の痛み・筋肉の張りを感じたら見直すべき3つのこと!




どうも、ミブです!

最近筋トレすると関節が痛いのですが、気を付けることはありますか?
筋肉が張ってる感じがする。フォームや重量に問題があるのか・・・?
トレーニングして体に違和感を感じた時、見直すべき点はありますか??

このように思っている人はいないだろうか?

今回は下記のような人に向けて話をしようと思う。

  • 関節の痛みや、筋肉の張りを感じて不安になっている。
  • 上記を解消し、筋トレに励みたい!
  • 違和感を覚えた時に、見直すべき点を知り解消したい!

筋トレをしていて突然関節に痛みを感じたり、普段の生活で気づくと痛みが出ていり・・・。
そんな経験をしている人は少なくないはず。

『トレーニングのどこに問題があったのか?』
『このまま続けて大丈夫なのか?』

そこで今回は、体に違和感を覚えた時に見直すべき3つの事を紹介していく。
痛みや張りを解消し、効果的なトレーニングを実施しよう!

オーバートレーニングとオーバーユース

疲労の種類

関節や筋肉の張りなどの違和感は、体の疲労からくることが多い。
トレーニングによる疲労は以下の2種類。

  • オーバートレーニング:全身疲労
  • オーバーユース:局所疲労

筋トレで気を付けたいのが、『オーバーユース』だ。
それでは、各疲労の特徴を説明していく。

オーバートレーニング

疲労が体全体におこっている状態。

症状としては以下の特徴がある。

  • 疲れが取れない
  • 筋肉が減ってしまう
  • 体重が落ちる
  • 食欲がわかない
  • 睡眠が浅い

有酸素運動運動などの持久運動をやりすぎるとみられる疲労だ。
マラソンランナーなどがなりやすい。

オーバーユース

特定の部位を酷使したことによる局所疲労。
症状の特徴は下記。

  • 関節に痛みを感じる
  • 筋肉の張りが残ってしまう

重い物を持つ職業の人や、筋トレをする人がなりやすい。

見直すべきポイント

対処方法

オーバートレーニングの場合は、回復するのに時間がかかってしまう。
オーバーユースの場合は、軽い段階で軽い症状の内に対処することで回復は早くなる。

オーバーユースは、関節や筋肉の炎症により痛みを感じる。
この症状が長期間続くと、だんだん悪化し怪我となるので早急に対処する必要がある。

トレーニング頻度を落とす

トレーニングの頻度を落とし、体への負担を軽減する。
一度様子を見る期間は作るべきだろう。

以前紹介したように、筋肉の維持であれば週1回のトレーニングで可能。
筋トレ習慣が根付いていると不安になるが、我慢が必要だ。

筋肉量の維持は週1回の筋トレで可能!?トレーニング出来ないと不安!

2019年3月4日

負荷を下げる

頻度を落とすのが嫌であれば、負荷を下げよう。
もちろん頻度・負荷を共に下げれるのであればそれにこした事はない。

負荷を下げる方法としては、重量を軽くする以外にも可動域を狭くする事で下げられる。

体に違和感が出るのは、重量・稼働域が自分レベル以上の負荷になっていることが原因。
これらを考慮してチャレンジしよう!

フォームの改善

フォームが正しくなく、関節に余計な負荷がかかっていることがある。
各種目には細かなフォームポイントがあるので、今一度確認をしてフォームをチェックしよう。

また、フォームが悪いと筋肉の成長速度も遅いので正しいフォームを覚える事はとても重要だ。

筋トレと関節痛・張りのまとめ

筋トレと違和感のまとめ

以上が筋トレをして、痛みや張りを感じた時に見直すべき3点だ。

違和感を無視していると、症状が悪化してしまうか可能性があるので注意が必要だ。
早く成長したいあまり、頑張りすぎて怪我をしてしまうのはもったいない。

痛み・張りを感じたら以下を見直そう。

  • トレーニング頻度
  • 負荷の調整
  • フォームの改善

早期に対処して、万全な状態で筋トレに励もう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です