筋トレで筋力を上げる!非力が力を付ける最も効果的な方法!




どうも、ミブです!

力が無くて自分が情けない。
重い物が持てなくて周りから非力とバカにされる。

こんな悩みを持っている人はいるだろうか?

今回は下記のような人にむけて話をしていこうと思う。

  • 力が無い自分が情けなく自信が持てない。
  • 周りから非力だと思われるのが嫌だ。
  • 力を付けたいがやり方が分からない。

非力であったり、自分に自信が無い人は少なからず他人から下に見られてしまう。

私も元々はガリガリで、自分に自信が無かったことでなめられる場面がしばしばあった。それが続くと、どうしても人は卑屈にり更に自信をなくしていく悪循環に陥ってしまう。

このままではいけないと行動を起こし、私を変えたのは筋トレだった。

筋トレをして力を付けていくことで、体が逞しくなっていった。
段々と重い物を扱えるようになっていき、自分の成長を感じられた。

力が付き、体が逞しくなると自分に自信が出てきて、前向きになり心も強くなっていったのだ。

筋トレで得られたもの
  • 力がついた
  • 自分に自信がついた
  • 上記により周りからなめられなくなった

このようにしっかりとした筋トレをおこなえば、体にも心にも良い変化が現れる。

今回は力を付ける効果の高い効率の良い筋トレを公開する。

※ガリガリで悩んでいる人はこちら。

太る方法:太れない人はこの2つを実行!私が16kg増量できた理由!

2018年8月24日
補足

※筋トレの基礎知識を知らずに取り組むと効果が出にくいので、下記の基礎知識をあわせて読んで欲しい。やるやらないで効果に大きな差が生じる重要なテクニックなので、早めに身に付けよう。

筋トレの呼吸方法と効果:筋肥大を促進させる呼吸のコツを伝授!

2018年12月7日

筋トレと意識効果:筋肉がバッチリ意識でき筋肥大するコツを大公開!

2018年12月7日

筋トレ方法には種類がある

力がつくトレーニング

筋肉の鍛え方には種類があり、目的別に分かれている。

目的別の鍛え方
  • 筋力をつける
  • 筋肉を大きくする
  • 筋持久力をつける

これらは、筋トレ1セット中に何回運動をおこなうかや、扱う重量で効果が変わってくる。

回数の目安は下記。
※限界でこれだけできる重量で実施。

  • 1~5回   ⇒ 筋力のアップ
  • 6~15回 ⇒ 筋肥大・筋力アップ
  • 16~20回 ⇒ 筋持久力アップ

筋力を上げるには高重量・低回数

筋力を上げるために効率・効果が高い鍛え方は、限界で1~5回できる重量でトレーニングをおこなう方法。

この方法は、重い物を持ち上げるパワーリフターなどがおこなっている。

初心者の場合は、いきなり高重量を扱うと怪我をする恐れがあるのである程度筋肉がついてからチャレンジするといいだろう。

下記でステップアップを紹介するので、順を踏んで無理なく筋力を上げていこう。

筋力アップまでのステップアップ方法

力を付けたいと思いこの記事を見ている人のほとんどは筋トレをこれから始める、または筋トレ初心者だろう。

なのでまずは、筋肉と筋力の両方が鍛えられるトレーニング方法を実践していこう。

やり方は上記で紹介している、筋肥大と筋力の向上を目的とした回数でトレーニングをおこなう。

筋肥大・筋力の向上

限界10回程できる重さで3セットが目安

3セットに関しては必ずしも守らなければいけない訳ではない

結果的に筋肉を追い込め無ければ意味が無いので、できるのであれば4セットや5セット実施しよう。しっかりと筋肉を刺激することが重要。

トレーニングの種目や細かいポイントなどは、後述しているトレーニング方法を実践しよう。

ある程度筋肉が成長したら

筋肉が成長し体格が良くなり、筋力が付いてきたら高重量・低回数のトレーニングを実施しよう。

期間としては3ヶ月ぐらいは上記のトレーニングをおこない、体を高負荷トレーニングに対応できるようにしよう。

筋力アップのための高重量・低回数トレーニングは、短期集中でがっつり刺激を与えるのが重要。集中力が欠け、回数が落ち刺激が足りないと無駄トレになってしまう。

体を大きくする筋トレで紹介しているトレーニング

体を大きくする鍛え方
体を大きくする鍛え方
  • 胸(大胸筋)
  • 肩(三角筋)
  • 背中(広背筋)
  • 下半身(大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリング)

この記事では、効率的に大きく鍛える方法を紹介している。これらの部位を鍛えることで、どんどん体のサイズを大きくできる。

まずはこの記事で紹介している筋肉を鍛えて高負荷トレーニングをする準備をしよう。

総負荷量が大事

体を大きくする筋トレ!ガリガリから最短で変化したいならこの4部位!

2018年12月8日

逞しく強い体をつくる筋トレで紹介しているトレーニング

強い逞しい体を作る鍛え方
強く見える体を作る鍛え方
  • 上腕二頭筋
  • 上腕三頭筋
  • 前腕
  • 僧帽筋

この記事では、人の目に付きやすい筋肉を鍛えて、強そうなごつい体を作る方法が紹介されている。

主に腕の筋肉を鍛える記事になっており、腕力がつくので重量なトレーニング。

たくましい強そうな体の作り方!最速でごつく見せる最適な4部位!

2018年12月8日

筋力・力をつける筋トレ方法のまとめ

力が無い・非力は自分の努力で必ず克服できる

ただ、やり方や知識がないと上手くいかず、失敗する可能性があるので注意が必要だ。

私は最初独学で筋トレをおこない、失敗や回り道をし時間を無駄にしてきた。

この記事を読んでくれた人には同じ失敗をしてほしくないので、筋トレの基礎知識とトレーニングポイントをしっかりと意識して筋トレを実施してほしい。

そうすれば非力で力がなく自信がなくても、体が逞しくなり力がつき見違えるほど前向きになるなれる。

自分を信じて行動を起こそう!

HMB極ボディの効果

HMB極ボディの効果と口コミ・評判!周りと差を付けたい初心者必見!

2019年8月7日
プロテイン選び

プロテインのおすすめ:効果的&コスパ良し!失敗しない定番商品はコレ!

2019年7月7日

プロテインの効果と飲み方:筋トレしてるのに摂取しないのは大損!

2018年12月19日
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です