フリーウェイトとマシントレーニング比較!効果があるのはどっち!?




どうも、ミブです!

フリーウェイトとマシンってどっちが筋肉つくのだろう??
フリーウェイトとマシンのそれぞれのメリットを知りたい!
使うべきはどちら?初心者・中級者とかで分かれる?

このように思っている人はいないだろうか?

今回は下記のような人に向けて話をしようと思う。

  • どちらが効果的なのかを知りたい!
  • それぞれの長所を知り、効果的に使い分けたい!
  • 逞しくなるにはどちらを優先すべきなのかを知りたい!

トレーニングしている人なら、誰しもが早く逞しくなりたいと思うもの。
そこで気になってくるのが、フリーウェイトとマシンではどちらが効果的なのか?

結論からいうと、フリーウェイトの方が効果は上。

かといって、マシントレーニングが劣っている訳ではない。
それぞれにメリットがあるので、理想は両方を上手く組み合わせることがだ。

今回はそれぞれのメリットと、なぜフリーウェイトが効果が上なのかについて説明をしていく。
特徴を理解し、状況に合わせて効果的なトレーニングをしよう!

フリーウェイトは効果が大きい!

フリーウェイトが効果的な理由

フリーウェイトのメリット

  • 稼働が固定されていないので、実際のスポーツなどの筋力発揮の場面に近いトレーニングができる。
  • 固定されていなので、補助筋やインナーマッスルも鍛えられる。
  • バーベル1本で何種目もトレーニングができる。
  • マシンのように場所を取らない。

デメリット

  • 危険性がある。
  • プレートの付け替えが面倒。
  • 固定されていなことで、間違ったフォームでも実施できてしまう。
  • 上記により、傷めたり怪我をしたりする。
  • フォームが間違っていることで、筋肉に刺激がいかない。

フリーウェイトは軌道を多方向へ動かすことができ、上下左右にぶれないようにコントロールする力が身に付く。
また、稼働域がマシンのように制限されないので効果的に刺激を与えることができる。

例えばショルダープレスやインクライン・ベンチプレスの場合は、上げる動作だけでなく押す動作もおこなっている。
この状態は単に上げる動作をするよりも、多くの筋肉群が連携される。
マシントレーニングよりもキツイので、インナーマッスルがより稼働しカロリー消費も多くなる。

筋肉への刺激が強いので、マシンよりも筋肉の成長効果が高いのだ。

マシントレーニングは部位を狙いやすい!

マシントレーニングは狙いやすい

マシントレーニングのメリット

  • 安全性が高い
  • 軌道が固定されているので、技術が必要ない。
  • 固定されているので変なフォームになりにくく、ターゲットに効かせやすい。
  • 重量変更がピンを刺すだけなので楽。

デメリット

  • 可動域がフリーウェイトより狭くなる。
  • ギアやレールの摩擦により、降ろす時の負荷が85%程に低下する。
  • 色々な部位を鍛えるには、沢山の種類のマシーンが必要。
  • 場所を取る。

マシントレーニングは、体幹の筋肉の助けをほとんど借りずに運動できる。
そのため、狙った部位に刺激を与えることがフリーウェイトよりも簡単。

初心者の場合は、マシーンでターゲット部位に刺激を与えるコツを掴んでからフリーウェイトをおこなうと良いだろう。

重量の変更が簡単にできるので、ノーインターバルでどんどん重量を落としていくディセンディング法に適している。
※ディセンディング法の例:100kgがあがらなくなったら80kg、次に60kgと落としていく。

組み合わせると効果的!

組み合わせると効果的

フリーウェイトとマシントレーニングを組み合わせると、効果的に鍛えることができる。
やり方は、トレーニング序盤はフリーウェイトをおこない、終盤でマシンに切り替える方法。

体力が減ってきた終盤に、重りのバランスを取る余計な力を使わないようにマシンを使うようにする。
こうすることで、終盤も限界まで追い込むことができるのだ。

イメージとしては、フリーウェイトで高負荷を与え、最後にマシンでピンポイントに刺激を与える感じ。

このようにそれぞれのメリットを活かすことで効果的なトレーニングができる。
是非試してみてほしい。

まとめ

フリーウェイトとマシントレーニングのまとめ

以上がフリーウェイトとマシントレーニングについてだ。

単体比較だと筋肉の成長効果は、フリーウェイトの方が効果が高い。
しかしれぞれにメリットがあるので、組み合わせるとより効果的にトレーニングができる。

フリーウェイトは軌道・稼働域が自由なので、誤ったフォームでも実施できてしまう。
変な負荷がかかり傷めたりするので注意が必要だ。

正しいフォームを理解してからチャレンジしよう。
フォームが正しいと、筋トレの効果もでやすい。

それでは良きトレーニングライフを!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です